« 2008年2月 | トップページ | 2008年8月 »

Vostro1710のBIOS操作で生じるサウンドデバイスの問題について

 今年5月頃、DELLのノートコンピュータであるVostroにおいて、奇妙なキーボードの配列が話題になりました(flickerの記事参照)が、当方でも不思議な現象をひとつ見つけましたので、同じ現象で悩まれている方は、試してみてください。

 発端は、職場でVostro1710を複数購入した際に、音のでないPCが見つかったこと。デバイスマネージャを確認すると、サウンドデバイス(Realtek High Definition Audio)そのものが表示されていません。

 この現象の再現手順は、以下の通りです。

 準備:
 2008年7月30日現時点で提供されている、最新のBIOSを適用しておきます(Vostro1710ではA07)

 手順:
 ①BIOS設定画面を起動する。
 ②「Exit」タブの「Load Setup Defaults」を実施し、BIOSの設定を初期状態に戻す。
 ③「Boot」タブの「USB Storage」をブートデバイスから除外する(Shift+1キー)。
 ④「Exit」タブの「Exit Saving Changes」で変更を保存し、Windowsの起動を待つ。

 この変更で、サウンドデバイスがなぜか消えます。

 状況としては、「内蔵サウンドデバイスを利用しない」というBIOSの設定に近いと思われます。しかし、このBIOSにそのような設定項目はありません。

 また、ブートデバイスから除外したデバイスには先頭に「!」マークがつきますが、再度BIOSを起動してみると、「USB Storage」だけは、マークが消えてしまいます。

 なお、本件はDELLのサポートへ連絡を済ませてあります。DELLのサポートでは、Vostro1310を用いて現象の再現を確認されたそうですので、恐らく、同系統の1510でも現象が再現すると思われます。

 Vostro1310、1510、1710ユーザーの皆様、もし現象が再現しましたら、コメント頂ければ幸いです。

 ※サウンドデバイスを再び生かすには、BIOS設定を初期状態に戻してください(Load Setup Defaults)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年8月 »