« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

2142年ワクワクEUライフ

表題の通り。

バトルフィールド2142 EA エレクトロニック・アーツ

基本システムは従来製品を踏襲していますが、新マップ、新兵器、新ルール等の要素により、どのプレイヤーもまだ不慣れな模様。なんだか皆、まだぎこちない動きに見えます(自分含む)。

しかし毎晩やってましたら、銅賞をたま~に頂ける程度にはなってきましたよ?

なお、PCの要求スペックが従来製品と同等と言われていましたが、エフェクトが派手なためか、やや重い感じがします。自機(NVIDIA GeForce Go 7800)でも時折コマ落ちしますので、参考までに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンバーガー(自販機用)-2

ようやく自販機用ハンバーガーにありつけましたので、記しておきます。

オートレストランサンスイ松任店

2006年10月に確認。置いてあるのはウーホーのバーガー。

バーガーが火傷直前の温度まで加熱されて出てくるのは、昔も今もかわらないようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

InterScan Messaging Security Suite

 トレンドマイクロさんのアンチウィルスゲートウェイ製品に、InterScan Messaging Security Suite というものがあります。

 InterScan Messaging Security Suite

 既存のメールサーバに組み込むタイプのため、ポートの設定等を注意深くセットアップする必要があります。アプライアンスのゲートウェイ製品のような手軽さはありませんが、その代わり比較的安価です。

 以下、Solaris10にて本ソフトウェアとsendmailを連携させる場合に必要な、sendmail-rx.mc及びsendmail-tx.mcを載せておきます。

 #トレンドマイクロさんのFAQ通りに作成すると、2つ起動するsendmailにおいて587番ポート(Submission)がぶつかるため、うまく起動しないのでした。

 なお、Solaris10の/usr/lib/mail以下のファイルを元に生成していますので、同OSに添付のm4のみで、これらのmcからcfを作成できます。

----- sendmail-rx.mc

divert(0)dnl
VERSIONID(`@(#)sendmail.mc 1.11 (Sun) 06/21/04')
OSTYPE(`solaris8')dnl
DOMAIN(`solaris-generic')dnl

dnl # define for IMSS
FEATURE(`no_default_msa')

dnl # define for restrict debug
define(`confPRIVACY_FLAGS',`goaway')

dnl # define for ident(disable)
define(`confTO_IDENT', `0s')dnl

define(`confPID_FILE', `/var/run/sendmail-rx.pid')dnl Non-default pid file
define(`STATUS_FILE', `/etc/mail/statistics-rx')dnl Non-default stat file
define(`QUEUE_DIR', `/var/spool/mqueue-rx')dnl Non-default queue area, must be created first
dnl define(`confQUEUE_SORT_ORDER',`Modification')dnl Modif or Random are reasonable (sendmail 8.12 up only)

dnl QUEUE_GROUP(`mqueue', `P=/var/spool/mqueue-rx, R=2, F=f')dnl (sendmail 8.12 up only)

dnl Direct all mail to be forwarded to viruswall at 127.0.0.1:10025
FEATURE(stickyhost)dnl Keep envelope addr "u@local.host" when fwd to MAIL_HUB
define(`MAIL_HUB', `esmtp:localhost')dnl Forward all local mail to viruswall
define(`SMART_HOST',`esmtp:localhost')dnl Forward all other mail to viruswall

define(`SMTP_MAILER_FLAGS', `k')
define(`LOCAL_MAILER_FLAGS', `k')
define(`LOCAL_MAILER_ARGS', `TCP localhost 10025')
define(`ESMTP_MAILER_ARGS',`TCP localhost 10025')dnl To tcp port 10025 instead of 25
define(`SMTP_MAILER_ARGS',`TCP localhost 10025')
define(`SMTP8_MAILER_ARGS',`TCP localhost 10025')
define(`DSMTP_MAILER_ARGS',`TCP localhost 10025')
define(`RELAY_MAILER_ARGS',`TCP localhost 10025')

define(`SMTP_MAILER_MAXMSGS',`10')dnl Max no. of msgs in a single connection. Adjust as needed.
define(`confTO_DATAFINAL',`20m')dnl 20 minute timeout for content checking
DAEMON_OPTIONS(`Name=MTA-RX')dnl Daemon name used in logged messages

dnl Disable local delivery, as all local mail must go to MAIL_HUB
undefine(`ALIAS_FILE')dnl No aliases file, all local mail goes to MAIL_HUB
define(`confFORWARD_PATH')dnl Empty search path for .forward files

MAILER(`local')dnl
MAILER(`smtp')dnl

LOCAL_NET_CONFIG
R$* < @ $* .$m. > $* $#esmtp $@ $2.$m $: $1 < @ $2.$m. > $3

----- sendmail-tx.mc

divert(0)dnl
VERSIONID(`@(#)sendmail.mc 1.11 (Sun) 06/21/04')
OSTYPE(`solaris8')dnl
DOMAIN(`solaris-generic')dnl

dnl # define for IMSS
FEATURE(`no_default_msa')

dnl # define for restrict debug
define(`confPRIVACY_FLAGS',`goaway')

dnl # define for ident(disable)
define(`confTO_IDENT', `0s')dnl

define(`confPID_FILE', `/var/run/sendmail-tx.pid')dnl Non-default pid file
define(`STATUS_FILE', `/etc/mail/statistics-tx')dnl Non-default stat file
define(`QUEUE_DIR', `/var/spool/mqueue-tx')dnl Non-default queue area, must be created first

DAEMON_OPTIONS(`Port=10026,Addr=127.0.0.1,Name=MTA-TX')dnl

MAILER(`local')dnl
MAILER(`smtp')dnl

LOCAL_NET_CONFIG
R$* < @ $* .$m. > $* $#esmtp $@ $2.$m $: $1 < @ $2.$m. > $3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1チップMSX

 表題のハードウェアが、年内出荷予定とのことです。

 http://www.msx.d4e.co.jp/

 仕様が変更されてMSX2相当となったほか、FM音源(MSX-MUSIC互換)を内蔵。

 OPLL(YM2413)音源にこだわりのある人(自分含む)は、MGSDRVとかOPLLdriverを揃え、打ち込みの準備をするとよろしいかと。

 欲を言えばMSX-AUDIOや、コナミとの調整でSCCカートリッジ相当の機能も内蔵して欲しかったのですが、これらは恐らく、当時のカートリッジをそのまま繋いだら使えるのでしょうね。MSX-AUDIOに至っては、1チップMSXの本体よりもサイズが大きかったと記憶しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »