« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

Solaris10 Software RAID1 Configure

 最近は1UサーバでもRAID5を組める製品がありますが、まだほとんどの機種では難しいかと思います。

 当方の扱っている機種も、大半が1Uの機体に3.5インチハードディスクが2本の構成。これ以上ハードディスクを載せることもできませんし、オンボードのSCSIコントローラーにRAIDの機能もありません。

 とはいえ、Solaris10ではソフトウェアRAIDを組むことができます。Solaris8の後期あたりから、DiskSuiteの機能がOSに含まれましたので、特別なパッケージを購入することなく実現できるようになりました。

 なお、この機能を取り扱っているサイトは数多くありますので、ここでは二つのディスクを用いてRAID1を構成するポイントのみを、記しておきます。

 (1)Solaris10のインストールを実施する。

 二つのディスクのうち、一つ目のディスクのスライス6、7はそれぞれ32MB程度の領域を確保してください。その際、スライス名は不要です。

 また、二つ目のディスクは設定不要です。

 (2)二つのディスクのパーティション構成を実施する。

 インストール後、formatコマンドのpartitionを用いて、二つのディスクのスライス構成が全く同じとなるように、一つ目のディスク構成を参考にして(printでスライスの各値が参照できます)ディスクを構成します。構成したら、labelコマンドで構成を確定してください。

 (3)RAIDの運用に必要なデータベースを作成する。

 metadbコマンドにより作成し、正しく作成されたかを確認します。確認後、設定を反映させるためにリブートしてください。

------------------------------------------
 %metadb -a -f -c 3 c1t0d0s6 c1t0d0s7 c1t1d0s6 c1t1d0s7

 % metadb
flags first blk block count
a u 16 8192 /dev/dsk/c1t0d0s6
a u 8208 8192 /dev/dsk/c1t0d0s6
a u 16400 8192 /dev/dsk/c1t0d0s6
a u 16 8192 /dev/dsk/c1t0d0s7
a u 8208 8192 /dev/dsk/c1t0d0s7
a u 16400 8192 /dev/dsk/c1t0d0s7
a u 16 8192 /dev/dsk/c1t1d0s6
a u 8208 8192 /dev/dsk/c1t1d0s6
a u 16400 8192 /dev/dsk/c1t1d0s6
a u 16 8192 /dev/dsk/c1t1d0s7
a u 8208 8192 /dev/dsk/c1t1d0s7
a u 16400 8192 /dev/dsk/c1t1d0s7
------------------------------------------

 (4)各スライスの、ミラー化を準備する。

 metainitコマンドで実施します。スライス名は利用している機材に応じて、変更してください。

------------------------------------------
 %metainit -f d10 1 1 c1t0d0s0
 d10: Concat/Stripe is setup
 % metainit -f d11 1 1 c1t0d0s1
 d11: Concat/Stripe is setup
 % metainit -f d13 1 1 c1t0d0s3
 d13: Concat/Stripe is setup
 % metainit -f d14 1 1 c1t0d0s4
 d14: Concat/Stripe is setup
 % metainit -f d15 1 1 c1t0d0s5
 d15: Concat/Stripe is setup

 % metainit -f d20 1 1 c1t1d0s0
 d20: Concat/Stripe is setup
 % metainit -f d21 1 1 c1t1d0s1
 d21: Concat/Stripe is setup
 % metainit -f d23 1 1 c1t1d0s3
 d23: Concat/Stripe is setup
 % metainit -f d24 1 1 c1t1d0s4
 d24: Concat/Stripe is setup
 % metainit -f d25 1 1 c1t1d0s5
 d25: Concat/Stripe is setup
------------------------------------------

 (5)ルートスライスのミラー化を準備する。

 ルートスライスのミラー化については、少し異なる手順を経ます、以下のコマンドを実行し、その後再起動を行ってください。

------------------------------------------
 % metainit d0 -m d10
 d0: Mirror is setup
 % metaroot d0
 % lockfs -fa
------------------------------------------

 (6)ルートスライスのミラー化を行う。

 metattachです。

------------------------------------------
 % metattach d0 d20
 d0: submirror d20 is attached
------------------------------------------

 metastatと打つと、同期の進行状況が%で確認できます。/etc/vfstabも、書き換わっています。

------------------------------------------
 % metastat

d0: Mirror
Submirror 0: d10
State: Okay
Submirror 1: d20
State: Resyncing
Resync in progress: 28 % done
Pass: 1
Read option: roundrobin (default)
Write option: parallel (default)
Size: 2097414 blocks (1.0 GB)

d0: Mirror
Submirror 0: d10
State: Okay
Submirror 1: d20
State: Okay
Pass: 1
Read option: roundrobin (default)
Write option: parallel (default)
Size: 2097414 blocks (1.0 GB)

cat /etc/vfstab
/dev/md/dsk/d0 /dev/md/rdsk/d0 / ufs 1 no -
------------------------------------------

 (7)その他のスライスのミラー化を準備する。

------------------------------------------
 % metainit d1 -m d11
 d1: Mirror is setup
 % metainit d3 -m d13
 d3: Mirror is setup
 % metainit d4 -m d14
 d4: Mirror is setup
 % metainit d5 -m d15
 d5: Mirror is setup
------------------------------------------

 ルートスライス以外については、/etc/vfstabは手動で編集する必要があります。書き換えた後、再起動します。

 %vi /etc/vfstab

------------------------------------------
#device device mount FS fsck mount mount
#to mount to fsck point type pass at boot options
#
fd - /dev/fd fd - no -
/proc - /proc proc - no -
#/dev/dsk/c1t0d0s1 - - swap - no -
/dev/md/dsk/d1 - - swap - no -
/dev/md/dsk/d0 /dev/md/rdsk/d0 / ufs 1 no -
#/dev/dsk/c1t0d0s3 /dev/rdsk/c1t0d0s3 /usr ufs 1 no -
/dev/md/dsk/d3 /dev/md/rdsk/d3 /usr ufs 1 no -
#/dev/dsk/c1t0d0s5 /dev/rdsk/c1t0d0s5 /var ufs 1 no -
/dev/md/dsk/d5 /dev/md/rdsk/d5 /var ufs 1 no -
#/dev/dsk/c1t0d0s4 /dev/rdsk/c1t0d0s4 /usr/local ufs 2 yes -
/dev/md/dsk/d4 /dev/md/rdsk/d4 /usr/local ufs 2 yes -
/devices - /devices devfs - no -
ctfs - /system/contract ctfs - no -
objfs - /system/object objfs - no -
swap - /tmp tmpfs - yes -
------------------------------------------

 (8)その他のスライスのミラー化を行う。

------------------------------------------
 % metattach d1 d21
 d1: submirror d21 is attached
 % metattach d3 d23
 d3: submirror d23 is attached
 % metattach d4 d24
 d4: submirror d24 is attached
 % metattach d5 d25
 d5: submirror d25 is attached
------------------------------------------

 (9)同期状況を確認する。

 metastatにて、各スライスの同期完了が確認できるまで、ゆっくり待ちましょう。各スライスが時間とともに「State: Resyncing」から「State: Okay」へと変わっていきます。

 (10)ソフトウェアRAIDマンドクセ('A`)

 と思うはずですので、今後の設備の導入ではハードウェアRAIDを検討してください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Inspiron 9400 (3)


 職場で発注した9400はまだ来ないわけですが、そうこうするうちにワークステーションモデルが発表されました。

 http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0330/dell02.jpg

 外観は9400と比較して大きな違いはなく、黒のメタリックカラーになったくらいです。CPUやチップセットなども一緒のご様子。

 その中で、大きく異なるのがGPUでしょうね。

 http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0331/nvidia.htm

 NVIDIA Quadro FX 2500M(VRAM512M)が載るようです。性能は、nvidiaのスペック表から推測する限りでは、デスクトップワークステーション用のハイエンドカード「Quadro FX 4500」とほぼ同等。Quadro FX 4500は3DMark06で約4500の値を出します。NVIDIA Quadro FX 2500Mも、恐らく近い値になるでしょう。

 この秋に予定されている近未来ライフを検討している方には、適する製品ではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »