« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

Inspiron 9400

 表題のハードウェア、たまらなくなってついに購入ボタンを押しました。

 http://jpstore.dell.com/store/newstore/dhs/dhs_catalog_352.asp

 これまでInspiron 9200を使っていましたが、CPU、GPU、SATA、ExpressCardなどに大きな変化がありましたので、買い替え決行です。

 #某中東ゲーのためだけに、買ったわけではありませんよ?

 http://www.japan.ea.com/battlefield/battlefield2/index.html
 http://www.japan.ea.com/battlefield/specialforce/index.html

 周囲では、オールインワンノートのウケはあまりよくないのですが、個人的には配線がすっきり・静か・比較的持ち運び可などの理由から、買い続けています。

 画面がUWXGAであるのも魅力的。最近はSXGA+さえ狭く感じるありさま。贅沢な。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)

 今年も、情報処理技術者試験の申し込み時期がやってきました。

 インターネット受付は、明日(1月16日)の午前10時から始まります。4月の受験は各種の行事で忙しいと思いますが、ぜひ申し込みましょう。

 http://www.jitec.jp/1_02annai/h18haru_exam.html

 当方、今回はテクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験を狙いに行きます。予想問題集はまず、ITECさんのものを買ってきました。

 http://www.itec.co.jp/catalog/product_info.php?cPath=178_234&products_id=944

 ITECさんの問題集には、過去にも他区分の試験でお世話になっています。今回もよろしくです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

THE HOUSE OF THE DEAD 4 (2)

表題のゲーム、ヤリすぎて指の皮むけました。

自粛するか、手袋持参するかどちらかにします。

ローカル情報で恐縮ですが、ルネス金沢となりのサンサーカスへの入荷を確認しています。

1プレイ200円、コンティニュー100円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Solaris 10 tcp_wrappers=TRUE

 Solaris 10で、tcpwrappersを用いてinetdを経由するサービスを提供するまでの流れについて、メモしておきます。

 1) inetdを有効にします。
 svcadm enable svc:/network/inetd:default

 2)/etc/hosts.allow /etc/hosts.denyを適切に編集します。

 例:

 % cat /etc/hosts.allow
 in.ftpd : 192.168.1.0/255.255.255.0 : allow
 popper : 192.168.2.0/255.255.255.0 : allow

 % cat /etc/hosts.deny
 ALL : ALL

 3) tcpwrappersを有効にします。
 inetadm -M tcp_wrappers=TRUE

 4) inetdを利用するサービスを有効にします。

 例:

 svcadm enable svc:/network/ftp:default

 ※/etc/inet/inetd.conf を利用するサービス(qpopper等)については従来通りinetd.confを編集の上、「inetconv -i /etc/inet/inetd.conf」を実施してください。

 5) (2)で許可したアドレス、それ以外のアドレスから接続テストを実施してください。

 なお、inetdを経由しないサービスについては、この限りではありません。例えば添付されているsshは、(2)の実施のみでwrapperが有効になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Solaris 10 OS 1/06 install

 遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます>皆様

 正月は食べる・飲む・寝るのループでした。どうみても廃人です。ありがとうございました。

 さて、昨年末にSolaris 10 OS 1/06が公開されまして、様々な評価がされていますね。こちらもようやく先日、インストールを終えました。現在のところ目立った操作の変化を感じることもなく、初版と同様のオペレーションができています。

 強いて言えば「GRUB Based Booting」となったため、ブート時のオペレーションがこれまでと異なることでしょうか。注意しましょう。

 なおアップデートを機に、OSのインストール後にサービスを絞るためのコマンドも見直しました。順にすべて実行することで、以下の処理が行われます(安全のため、シングルユーザーモードで実行してください)。

 1) /etc/rc2.d /etc/rc3.d 以下にdisableフォルダを作成。
 2) レガシーのスクリプトをdisableフォルダに格納。
 3) svcadmで制御されるサービスを停止。

 あとは手動で、必要なサービスのみを起動するとよいでしょう。

-------------------------------------
mkdir /etc/rc2.d/disable
mkdir /etc/rc3.d/disable

mv /etc/rc2.d/S40llc2 /etc/rc2.d/disable/S40llc2
mv /etc/rc2.d/S47pppd /etc/rc2.d/disable/S47pppd
mv /etc/rc2.d/S72autoinstall /etc/rc2.d/disable/S72autoinstall
mv /etc/rc2.d/S90wbem /etc/rc2.d/disable/S90wbem
mv /etc/rc2.d/S90loc.ja.cssd /etc/rc2.d/disable/S90loc.ja.cssd
mv /etc/rc2.d/S90webconsole /etc/rc2.d/disable/S90webconsole
mv /etc/rc2.d/S94Wnn6 /etc/rc2.d/disable/S94Wnn6
mv /etc/rc2.d/S94atsv /etc/rc2.d/disable/S94atsv
mv /etc/rc2.d/S95IIim /etc/rc2.d/disable/S95IIim
mv /etc/rc2.d/S99dtlogin /etc/rc2.d/disable/S99dtlogin
mv /etc/rc2.d/S99audit /etc/rc2.d/disable/S99audit

mv /etc/rc3.d/S16boot.server /etc/rc3.d/disable/S16boot.server
mv /etc/rc3.d/S50apache /etc/rc3.d/disable/S50apache
mv /etc/rc3.d/S76snmpdx /etc/rc3.d/disable/S76snmpdx
mv /etc/rc3.d/S77dmi /etc/rc3.d/disable/S77dmi
mv /etc/rc3.d/S80mipagent /etc/rc3.d/disable/S80mipagent
mv /etc/rc3.d/S81volmgt /etc/rc3.d/disable/S81volmgt
mv /etc/rc3.d/S82initsma /etc/rc3.d/disable/S82initsma
mv /etc/rc3.d/S84appserv /etc/rc3.d/disable/S84appserv
mv /etc/rc3.d/S90samba /etc/rc3.d/disable/S90samba

svcadm disable svc:/network/rpc/mdcomm:default
svcadm disable svc:/network/rpc/meta:default
svcadm disable svc:/network/rpc/metamed:default
svcadm disable svc:/network/rpc/metamh:default
svcadm disable svc:/network/rpc/gss:default
svcadm disable svc:/network/rpc/rstat:default
svcadm disable svc:/network/rpc/rusers:default
svcadm disable svc:/network/security/ktkt_warn:default
svcadm disable svc:/network/telnet:default
svcadm disable svc:/network/nfs/rquota:default
svcadm disable svc:/network/ftp:default
svcadm disable svc:/network/finger:default
svcadm disable svc:/network/login:rlogin
svcadm disable svc:/network/shell:default
svcadm disable svc:/application/x11/xfs:default
svcadm disable svc:/application/font/stfsloader:default
svcadm disable svc:/network/rpc/smserver:default
svcadm disable svc:/network/rpc-100235_1/rpc_ticotsord:default
svcadm disable svc:/network/rpc-100083_1/rpc_tcp:default
svcadm disable svc:/network/rpc-100068_2-5/rpc_udp:default
svcadm disable svc:/system/name-service-cache:default
svcadm disable svc:/system/power:default
svcadm disable svc:/network/rpc/bind:default
svcadm disable svc:/network/nfs/status:default
svcadm disable svc:/network/nfs/nlockmgr:default
svcadm disable svc:/network/nfs/client:default
svcadm disable svc:/system/filesystem/autofs:default
svcadm disable svc:/network/smtp:sendmail
svcadm disable svc:/network/inetd:default
svcadm disable svc:/system/fmd:default
svcadm disable svc:/application/font/fc-cache:default
svcadm disable svc:/application/print/rfc1179:default
-------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »