« 2005年2月 | トップページ | 2005年9月 »

Solaris10 ntpd

 ntpdが起動していないんだよと。

 ntpdもsvcadmになりました。初期値はdisableですので、従来通り/etc/inet/ntp.confを書いただけでは起動しません。以下のコマンドで起動しましょう。

 svcadm enable svc:/network/ntp:default

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Solaris10 Daemons

 Solaris10になり、サービスの起動・停止方法が大幅に変更されました。従来まで/etc/rc*以下に存在したスクリプトは減り、svcadm等のコマンドによってデーモンを制御するようになっています。

 端的に、ポイントを記載します。

 ・デーモンの一覧と状況の確認

 svcs -a 

 ・ほとんどのデーモンを止める

 /etc/rc2 or rc3以下は従来通りの方法で停止させた上で、
以下をすべて実行します。

svcadm disable svc:/network/rpc/mdcomm:default
svcadm disable svc:/network/rpc/meta:default
svcadm disable svc:/network/rpc/metamed:default
svcadm disable svc:/network/rpc/metamh:default
svcadm disable svc:/network/rpc/gss:default
svcadm disable svc:/network/rpc/rstat:default
svcadm disable svc:/network/rpc/rusers:default
svcadm disable svc:/network/security/ktkt_warn:default
svcadm disable svc:/network/telnet:default
svcadm disable svc:/network/nfs/rquota:default
svcadm disable svc:/network/ftp:default
svcadm disable svc:/network/finger:default
svcadm disable svc:/network/login:rlogin
svcadm disable svc:/network/shell:default
svcadm disable svc:/application/x11/xfs:default
svcadm disable svc:/application/font/stfsloader:default
svcadm disable svc:/network/rpc/smserver:default
svcadm disable svc:/network/rpc-100235_1/rpc_ticotsord:default
svcadm disable svc:/network/rpc-100083_1/rpc_tcp:default
svcadm disable svc:/network/rpc-100068_2-5/rpc_udp:default
svcadm disable svc:/system/name-service-cache:default
svcadm disable svc:/system/power:default
svcadm disable svc:/network/rpc/bind:default
svcadm disable svc:/network/nfs/status:default
svcadm disable svc:/network/nfs/nlockmgr:default
svcadm disable svc:/network/nfs/client:default
svcadm disable svc:/system/filesystem/autofs:default
svcadm disable svc:/network/smtp:sendmail
svcadm disable svc:/network/inetd:default
svcadm disable svc:/system/fmd:default
svcadm disable svc:/application/font/fc-cache:default

 (好みはあると思いますが)ssh程度が起動するシンプルな環境になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Solaris10 Patch

 Solaris10のリリースから約半年が経ちました。

 時間的に、枯れたというには早すぎますね。しかしパッチがいくらか揃ってきましたので、Solaris9にて提供していた各種のサービスが支障なく移行できるかどうか、検証しています。

 さて、Solaris10は現時点では、Recommendedパッチクラスターが提供されていません。そのため、最新のパッチが適用された状態とするために別の方法が必要となりますが、概ね以下の手順でよいようです。

 smpatch analyze
 smpatch update

 たまに(というか、割と頻繁に)Sunのアップデートサイトが落ちていて、エラーが出ることもあります。そのようなときは時間をおいて、試してください。

 なお、上記のコマンドはシングルユーザーモードでも支障ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年9月 »