« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

netatalk tips

 昔、Solarisへのnetatalkインストールを扱ったWebページが少なかったもので、Ver1.5pre6をインストールする方法を紹介したことがあります。結構手を加えないとmakeできませんでしたが、それなりにうまくインストールできました。

 さて今日、netatalkは2.0-beta2までバージョンがあがっています。お仕事でインストールする機会があったので、エラー無くmakeする方法を書き留めておきます。

 ・ソースの入手

 2004年8月25日時点では2.0-beta2です。

 http://sourceforge.net/projects/netatalk

 ・makeのための環境準備

 当方では、下記の環境を揃えました。pkgaddにて、全て入れておいてください。

  --- Solaris9 x86 09/04 に、 2004/08/26時点のパッチを適用したもの。

  --- http://sunsite.sut.ac.jp/sun/solbin/ より、下記のソフトウェア。

  bison-1.875d
  flex-2.5.31
  gcc-3.4.1
  libiconv-1.8
  db-4.2.52.NC

  --- setenv CC gcc を実行し、gccにてmakeすることを明示します。
  --- setenv CFLAGS -O2 を実行し、最適化の度合いを明示します。

  --- BerkeleyDB を configure時に認識するように、LD_LIBRARY_PATHを設定します(下記参照)。これを行わないと、configure時にBerkeleyDBのライブラリが見つからず停止します。

  setenv LD_LIBRARY_PATH /usr/lib:/usr/dt/lib:
                     /usr/openwin/lib:
                     /usr/local/lib:
                     /usr/sfw/lib:
                     /opt/sfw/lib:
                     /usr/local/BerkeleyDB.4.2/lib

  --- gcc-3.4.1を入れた後、/usr/include/ia32/sys/reg.hの先頭にupad128_tを定義します(下記参照)。これを行わないと、make時にエラーが発生します。オリジナルのreg.hをバックアップした上で、書き換えてください。

  typedef long double upad128_t;

 ・configureの実施

 ./configure --prefix=/usr/local/netatalk
         --with-bdb=/usr/local/BerkeleyDB.4.2
         --without-pam

 ・makeの実施

 makeを行い、完了したらmake installを実行してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mylex RAID tips

 お仕事で、Mylex製RAID装置が内蔵されたx86サーバに、Solaris9(09/04)をセットアップ。

 残念なことに、インストールCDではこのRAID装置を認識しません。Mylexのドライバーディスクを作成し、インストールCD起動直後のデバイスコンフィギュレーションアシスタントにて、読み込ませる必要があります。

 Mylex製品のドライバーは、下記ページから辿ってください。

 ・http://www.mylex.com/
 ・画面中央ほどのSupportより、Downloadsをクリック
 ・画面左のSupportより、Download Centerをクリック

 ・Find Specific Productsにて下記の通り設定し、Goボタンをクリック(当方の機種はDAC960PJ/PGでokでした)

 Step 1:RAID Storage Adapters Legacy
 Step 2:Mylex Products
 Step 3:DAC960PJ/PG

 ・Solaris 7 x86 6.03-10 11/12/01 をクリックし、readme.txtにしたがってドライバーディスクを作成する。

 製品自体が古く、Solaris7までのドライバーしかないわけですが、Solaris9でも動作するようです。ただし、全く保障できませんので自己責任で。

 なお、インストールCD-DISK1の終盤にも、このドライバーディスクが読み込まれます。この際、ドライバーディスクを入れていても、下記のエラーが発生します。

 Please insert the Driver Update diskette labeled MLX_0111122
 Press when ready.

 この問題は、ディスク中のsol_27というフォルダをsol_29に直してやると解決します。助けとなったForumへのリンクを示しておきますので、詳細は下記を参照してください。

 http://supportforum.sun.com/sunos/index.php?t=msg&goto=1765&rid=0#msg_1765

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sun Certified System Administrator for Solaris(続)

 表題の試験、本日無事合格しました。

 なお、本試験の対策には、下記サイトにて提供される教材が助けとなります(高いけど)。

 http://www.istudy.ne.jp/

 PartIの問題は、7割カバーできるかと思います。

 しかしPartIIの問題は、傾向はつかめますが4割カバー程度でしょうか。別途、他の教材をあわせることをお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »